アタマジラミの駆除は家族で行う

病院では治してもらえないんですね・・・

アタマジラミは、病院で確認して貰う事はできるんですが、処置して貰ったり通院して治して貰う事は出来ません。

病院でやって貰える事は、シラミをピンセットなどで採取し、アタマジラミかどうかを判断するだけです。

その後は、市販されているシラミ駆除剤を紹介して貰って使い方のレクチャーを受けて、それを病院の薬局から買って帰るか、ドラッグストアに行って買うかになってきます。

余談ですが、小児皮膚科医を長年勤めているお医者さんでも、シラミに関する医療データはほとんど見たことが無いそうです。

それだけ医療行為が必要ではないという事なんですね。

ただし、アタマジラミの吸血に伴うアレルギー反応が強く出て発疹がひどくなる場合、または、掻きむしって皮膚感染症が起こっている場合は、皮膚科で専門的な治療が必要となる事もあるようです。

海外では駆除サービスがあるらしい

海外では、その辺の事情がどうなのか調べてみたところ、シラミ駆除を専門とする外注サービスなどがあるとわかりました。ですが、日本では、そうしたサービスは見つけられませんでした。

いずれにしても、アタマジラミの駆除そのものを病院で処置してもらう方法は無く、専用のクシと専用の駆除剤を使って保護者自身が根気よく取り除いていくしかありません。

後は、手間をいかに減らして効率よく駆除するにはどうしたら良いのかといったところですが、この辺は、使用する駆除剤によって変わってくる部分かもしれません。

カテゴリ内ページ

MENU