アタマジラミは衛生環境と関係が無い?

人と接する割合が多いほど広がりやすい

アタマジラミは、不衛生な環境や不潔にしているとかかりやすいように思われる事がありますが、どうやら違うようです。

普段から清潔にしているかどうかは関係無く誰にでも寄生してしまうそうです。

確かに、衛生的な生活を心がけていなければ、アタマジラミに気づくのも遅れがちだと思うので、そういう意味では、不衛生と繋がりがあると考えることも出来るかもしれません。

特に、何気なく触れ合うことの多い子供同士は、アタマジラミが感染しやすいので、人と接する割合が多い人口過密地域ほど、アタマジラミが流行しやすいと言われています。

「我が家は大丈夫かな?」と日頃からチェックが安心

「我が家は清潔だから大丈夫」と思わず、アタマジラミが居ないか、日頃から子供の頭髪をチェックすると安心です。

アタマジラミが居た場合も、早く気付くことで分対処も遅れずに済むので、数が少ないうちに全て退治してしまう方が手間が少なく済みます。

併せて、寝具や衣類などにアタマジラミが居ないかもチェックするように心がけておきたいところですね。

寝具の殺虫は60℃以上のお湯で行うのがベスト

寝具や衣類に付着したアタマジラミを退治する基本的な対策は、熱湯殺菌が良いみたいです。

具体的には、60℃以上のお湯で5分以上浸けた後に洗濯する事が第一の方法です。

洗濯できない衣類などは、シラミが完全に息絶えるまでビニール袋に1週間入れて密閉するなどの処置方法も有効とされています。

カテゴリ内ページ

MENU