アタマジラミを見つけたら早めに対処しよう

異変に早く気づけるかが重要

子供が頭を頻繁に掻くようになったら、アタマジラミが居ないかチェックしてみた方が良さそうです。

肌の乾燥による痒みではなく、アタマジラミによってアレルギー反応が起こっていて痒いのかもしれません。

シラミを知らない子供にとっては、「何かムズムズする」程度の自覚症状でしかありませんし、親としても、アタマジラミが身近なものだと知らなければ、「まさかうちの子に限って・・・」という認識にもなりがちです。

しかし、アタマジラミはコロモジラミとは異なり衛生環境などは関係が無く、子供同士の頭と頭が触れただけで簡単に移ってしまう位身近な寄生虫らしいですよ。

このような認識不足により発見が遅れると、子供の異変に気づいた頃には、目視でも複数確認できるまでに増えていたなんて事も起こりうるので、くれぐれも注意したいところです。

アタマジラミにいち早く気づくには?

アタマジラミの発見が遅れないようにするには、まずは、子供が頭を掻く事がクセになっていないかを確認する事もそうですが、幼稚園や小学校のお便りなどで、「シラミ流行のお知らせ」が届いたら、大丈夫だと思っていても、子供の頭をしっかりチェックしてみる事が大切です。

シラミが見つからなければ一安心かもしれませんが、流行拡大とともにいずれ感染するリスクも高くなってしまいます。

もしも、「このままではまずいな」と感じるようになったら、早めにシラミ駆除剤を準備しておけば、すぐに処置に取り掛かりますし、アタマジラミのカズが少ないうちに退治してしまえば、手間も少なく済みます。

アタマジラミにはどんな特徴がある?

アタマジラミは、人間に寄生するヒトジラミの仲間に含まれます。

  • ヒトジラミ(アタマジラミ、コロモジラミ)
  • ケジラミ(毛ジラミ)

人間に寄生するシラミは、ヒトジラミの2種類とケジラミですが、それぞれ、寄生する部位別が分かる呼び名となっているそうです。

アタマジラミの成長は、オスが2mm~3mmほど、メスが2~4mmほどと言われています。また、卵は、およそ0.5mm程度の大きさとされています。

卵~成虫になるまでの期間

アタマジラミは、成長の状態によって3つの期間に分けられます。

  • 卵:7日~10日でふ化
  • 幼虫:ふ化から7日~16日で成虫になる
  • 成虫:30日~45日間生きる

また、成虫のメスは、寿命までにおよそ300個もの卵を産むという情報もありますが、一日5個程度という情報もありますが、繁殖力がとても強い事には変わりないようです。

アタマジラミは、ノミやダニとは異なり、身近なペットが外から持ち帰って寄生するようなものではなく、ヒトからヒトへと寄生して数を増やします。

一度感染してしまうときちんと処置しない限り増えていく一方なので、早めの発見、早めの処置が最善策である事に変わりありませんよね。

頭が痒くなるかはアレルギーの度合いで変わる

アタマジラミに吸血されると頭皮が痒くなるアレルギー反応を起こしやすくなりますが、感染した子供全員が同じように頭が痒くなるというものではないようです。

中には、アタマジラミの数が大分増えても痒みを全く感じない子供も居るそうですよ。

そもそも、このアレルギー反応は、蚊に刺されて痒くなるのと同じように、アタマジラミが血を吸う時に入れた唾液成分によるものなので、この唾液に対する免疫反応の起こりやすさで痒みの度合いも変わります。

アタマジラミを早期発見するには、子供が頭を掻く事が増えたら、「もしかして・・・」と早く気づいてあげる事ですが、自覚症状に乏しい場合は、発見が遅れてしまいかねません。

このような場合があるので、まずは、保護者に宛てに幼稚園や保育園、小学校から届けられるお便りにちゃんと目を通して、園内、学級内でアタマジラミの流行が起こっていないかをチェックする事や保護者同士で話し合いの機会を定期的に設ける事も大切な事だと思い知らされました。

カテゴリ内ページ

MENU