低用量ピルを通販するならどこが良いですか?

低用量ピルを通販するならどこが良いですか?

低用量ピルの通販はどこを頼るべき?

海外と違って、日本ではまだ、低用量ピルを入手するには産婦人科を受診するしかありません。しかし、定期的に産婦人科を受診しなければいけないって、かなり面倒ですよね。

仕事をしていたら、そう毎回都合良く時間がとれる訳じゃありませんし、毎回低用量ピルの代金に加えて、診療代もかかりますから。

そこで、最近よく利用されているのが、通販だそうです。

なんでも、海外の低用量ピルを自分で輸入するのだとか。こういう通販を、個人輸入と言います、これは便利ですね。いちいち病院でお決まりの診察を受ける必要もありませんし、払うのはピル代と送料だけで良いですから。

ただ、そうして個人輸入をする場合は、注意点があります。
それは、ちゃんとした大手の通販サイトを利用することです。

なぜなら、通販で出回っている低用量ピルの中には、非正規品も一定数混ざっていて、運悪くそれを買ってしまうと、個人輸入は全て自己責任となっている関係上、何も保証されず損をしてしまうからです。

金銭的な損で済めばまだ良いですけど、健康被害の危険もありますから、これはかなり心配です。そのため、低用量ピルを通販で購入する際は、海外医薬品を専門で扱っているオオサカ堂に頼るのが一番とのことでした。

低用量ピルでおすすめの種類は?

低用量ピルは、避妊というイメージが強いですが、実際は生理中の症状を軽減するためにもよく用いられるそうです。なんでも、子宮内膜の増殖を抑えることで、生理中の出血や、生理痛を軽減してくれるのだとか。

しかし、そうしたメリットの反面、低用量ピルには服用に伴う一定の副作用もあって、そちらの方が辛くて止めてしまう人も一定数いるそうです。

では、なぜ吐き気や頭痛、倦怠感などの副作用が生じるのでしょうか?それは、低用量ピルによって、体内のホルモンバランスが変化するからです。

ただ、そうしたホルモンバランス変化による副作用は、低用量ピルの種類を変えることで、大きく改善することができます。

正確には、1相性ピル、2相性ピル、3相性ピルというのがあり、数字の大きい方が、体内のホルモンバランスの変化による不調を、最小限に抑えることができるようになっているそうです。

なぜなら、1錠辺りに含まれる黄体ホルモン等の量が、1相性だと21日分ずっと変わりませんが、2相性だと2段階、3相性だと3段階に別れているからです。

そのため、低用量ピルで副作用が心配な人は、3相性ピルにしておけば大抵は大丈夫で、中でもトリキュラーやダイアンが人気とのことでした。

飲み忘れを防ぐ低用量ピル

低用量ピルには、28日タイプと21日タイプとがあるそうですが、これにはどういった違いがあるのでしょうか?

個人的には、21日タイプよりも28日タイプの方が飲む回数が多い関係上、1粒の効果が、21タイプよりも28日タイプの方が弱いのでは、と思っていました。しかし、実際のところは違うそうです。

つまり、1粒の効果は、21日タイプも28日タイプも変わらないんですね。では、なぜ21タイプと28日タイプというのがあるのでしょうか?それは、飲み忘れを防ぎたい場合には、21日タイプではなく、28日タイプが推奨されるからです。

具体的には、低用量ピルとは本来、21日間飲み続けて7日間休むというサイクルを繰り返すのですが、休薬期間で日数を数え間違えて、本来飲み始める日に飲み忘れてしまう人も多いのだとか。

そのため、その休薬期間である7日間の間も、忘れないために飲み続ける分の錠剤が入った、28日タイプのものがあるそうです。

つまり、28日タイプと言っても、成分が実際に含まれているのは21日分だけで、休薬期間分の7日分には、錠剤の形はしているものの、何ら成分は入っていないんですね。

こういうのを、偽薬と言うそうです。私も、細かくスケジュールとかつける性格ではないので、いざという時は28日タイプのものにお世話になろうと思います。

低用量ピルの避妊効果はいつから?

よく、低用量ピルを飲んでいれば避妊ができると聞きますが、実際のところ、低用量ピルによる避妊効果は、いつから現れるのでしょうか?

若い世代の中には、産婦人科を受診するのが面倒だからと、安くて簡単な個人輸入で低用量ピルを入手したのは良いものの、その点を勘違いして結局望まぬ妊娠をしてしまう人も多いとのことなので、私もそうならないようちょっと調べてみました。

すると、低用量ピルによる避妊効果は、服用を開始してから8日目以降に出ると分かりました。

飲み始めて1週間くらいですから、意外と時間がかかるんですね。
ただし、正しく服用を続けていれば、2サイクル目以降、つまりは2シート目に入ってからは、飲み始めた日から避妊効果を期待できるとのことでした。

しかし、注意すべき時もあるみたいです。
それは、うっかり飲み忘れてしまった時。飲み忘れたことに、24時間以内に気付いた場合は、その気付いた時にすぐ飲んで、また元通り服用するので大丈夫です。

しかし、24時間以上過ぎていた場合は、そのシートの服用は停止して、次の生理が来るのを待ってまた飲み始めなければいけません。

つまり、次の生理が来るまで低用量ピルの服用を停止している間は、避妊効果の方も期待できないため、飲み忘れには十分注意した方が良いということです。

低用量ピルは飲み忘れても1日以内ならセーフ?

低用量ピルは、飲み忘れを防ぐために、28日タイプというのがあるそうですね。

21日タイプと何が違うのかと言うと、21日間飲み続けた後に7日間は飲まないという休薬期間中も、飲む分が含まれているんです。それには、錠剤の形はしていますが、エストロゲン等の成分は一切含まれていません。こういうのを、偽薬と言います。

しかし、慣れない内だと、エストロゲンの配合されているメインの錠剤の方も、飲み忘れてしまうことが多いそうですね。私も、カレンダーやスケジュールを細かくつけるという習慣が無いので、その気持ちは分かります。

では、そうして飲み忘れてしまった場合は、どうすれば良いのでしょうか?

個人的には、飲み忘れてしまったらそのシートの低用量ピルは全部無駄になると思っていたのですが、必ずしもそういう訳ではないみたいです。

具体的には、1日以内に気付けば、その気付いた時に忘れた分の1錠を飲み、その後は元通りにまた飲み続ければ良いのだとか。

逆に、1日以上経ってしまった場合は、そのシートに余った分の低用量ピルは無駄となり、次の生理が始まった時にまた新しいシートを飲み始めなければいけないそうです。となると、低用量ピルは飲み忘れても1日以内に気付けばセーフですが、それ以上経つと面倒なんですね。

低用量ピルはどの種類に属すの?

ピルと一言で言っても、実際はたくさんの種類があるそうですね。

具体的には、「世代」「相性」という区別があると聞くので、その点を詳しく調べてみました。すると世代とは発明された順番を表していて、現時点では第4世代まであるそうです。つまり、大きな改良がされたものが、3回出たということですね。

詳しく言うと、第1世代は黄体ホルモン量が多く男性化症状の原因であるアンドロゲン作用が少ないもの、第2世代は卵胞ホルモン量も黄体ホルモン量も抑えるもの、第3世代は第2世代のものにアンドロゲン作用を抑えるための黄体ホルモンも配合されているもの。

そして、第4世代は卵胞ホルモンを従来よりも少なめに抑えると同時にドロスピレノンという黄体ホルモンを配合したものだそうです。生理の症状の改善などでよく使われる、低用量ピルだと、第4世代に属しているそうです。

では、その低用量ピルにも、3つの相性という区別基準がありますが、どういう区分けなのでしょうか?調べたところ、1錠辺りに配合されるホルモン量の違いということが判りました。

具体的には、1錠辺りのホルモン量がサイクル中ずっと同じなのが1相性ピル、2段階で量が変化するのが2相性ピル、3段階で量が変化するのが3相性ピルと言うみたいです。ピルって本当にたくさんの種類があるんですね。

低用量ピルの通販ならオオサカ堂が良い?

最近では、低用量ピルを通販で購入する女性が、日本でも多いそうですね。

サプリメントではなく、本格的な薬である低用量ピルを通販できるのか、と最初は驚いたのですが、正確に言えば個人輸入だそうです。つまり、海外から個人輸入代行サイトを利用して、低用量ピルを購入するんです。

しかし、そうした個人輸入という通販システムには、大きな欠点があります。それは、何かあった時に何の保証も無いこと。
つまりは自己責任です。

そのため、万が一、偽物を買ってしまったり、健康被害に遭ってしまったりしても、全て自分の損となってしまう関係上、買えるならどこでも良いのではなく、ちゃんと信頼できる大手の通販サイトを選ぶ必要があります。

そこで人気なのが、オオサカ堂だそうです。

なんでも、ここは海外製の医療品を専門に扱っている通販サイトで、歴史も20年近くあるのだとか。実際、私も行ってみたのですが、100パーセント正規品保証とまで銘打ってありました。これなら安心して利用できそうですね。

私も、産婦人科から処方してもらっている低用量ピルが、ちゃんと自分の体に合っていると分かったので、時間やお金を少しでも節約するため、次からはオオサカ堂を使って、同じタイプの低用量ピルを購入するようにします。